本当に効果はあるの?心療内科の治療効果について

Posted on 2020年8月29日本当に効果はあるの?心療内科の治療効果について はコメントを受け付けていません。

心療内科ではどのような治療が行われる?

心療内科の治療効果を知るためには、まずどのような治療が行われているのか知る必要があります。心療内科で行われる主な治療はカウンセリングと薬物療法で、カウンセリングは患者と話をしてどのようなことに悩んでいるのか、どのようにしてほしいのかなどの希望を聞きながら抱え込んでいる感情や気持ちを吐き出させる治療です。そして薬物療法で身体的な症状を落ち着かせたり抑え込むことで、身体的な症状はもちろん、精神的な症状も緩和させていくことを主な治療としています。

実際にはどんな治療効果があるのか

心療内科で期待できる治療効果としては、精神的な負担の軽減や身体症状の緩和があります。例えばカウンセリングでは家族や友人にも話せないような悩み、現在自分が抱えている精神的または身体的な症状とそれによってどれだけ辛い思いをしているのか話すことができます。もちろん話すだけで症状が治療できるわけではありませんが、抱えている気持ちを吐き出すことで精神的に楽になるという人は少なくありません。また悩みや辛い思いを吐き出すことで、治療する上で必要な内容や環境を医師が把握しやすくなるのです。そして薬物療法では実際に身体症状を緩和するためのものが処方されるため、痛みや苦しみを解消することができます。

このようにカウンセリングと薬物療法を併用することで、徐々に精神的な疲れや身体症状を緩和して日常生活を送りやすくすることが可能となります。これが心療内科の治療効果の大きなポイントになっているのです。

気持ちが不安定に感じた時など利用したい心療内科を新宿で探す場合には、クリニックが多くあるので、一つに絞ることなく、相性の良さそうな先生を見つけることが大事です。