霊園なのにガーデニング!?新しい「死後」のスタイル

Posted on 2020年8月30日霊園なのにガーデニング!?新しい「死後」のスタイル はコメントを受け付けていません。

そもそも霊園ガーデニングってなに?

皆さん、ガーデニング自体はなんとなくわかりますよね。庭のお花を綺麗に整えたり、家庭菜園で野菜を育てたりする「アレ」です。霊園ガーデニングとは、そのガーデニングを霊園全体でやってしまおうというものなんです。

つまりこの霊園では、墓地の砂利を芝生にしたり、更にはそこにたくさんの花を咲かせたりすることが出来るということなんです。墓石の両隣に仏花が飾られていただけの従来のお墓に比べたら、かなり新しいスタイルだと言えます。

実はお墓参りをする時にもメリットが!

ガーデニング霊園は、墓地だけでなく霊園全体をガーデニングしたものです。そのため、霊園の空間設計自体が非常に特徴的なものとなっています。なんと霊園内に噴水やベンチが置かれていることも多いらしく、お墓参りに来た人たちは伸びやかな時間を過ごすことが出来ます。

「お墓参り」「霊園」「墓地」と聞くと、どうしても暗いイメージが思い浮かびがちですよね。けれど色鮮やかな草木に囲まれたガーデニング霊園なら、明るい心持ちでお墓を訪れることが出来るのです。

ガーデニング霊園という選択肢

花に囲まれた華やかな空間、ガーデニング霊園ですが、残念ながら良い事づくめというわけではありません。従来の墓地・霊園と比べると、手入れをしなくてはいけない範囲が広い分、かなりの費用が必要となります。

けれどもお墓に入る人にとっても、お墓参りをする人にとっても、墓地や霊園のスタイルは非常に重要です。自らの死後を考える時、もしくは親しい人の最後を見届ける時、「ガーデニング霊園」というものを選択肢に入れておくのはいかがでしょうか。

いせやのお墓